妊活をして1年成果がなければ産婦人科へ?

自然妊娠を希望しての妊活でしたら、1年ぐらいが目安だと、個人的には思っています。それ以上ともなりますと、妊活疲れを起こしてしまうと思うからです。産婦人科で調べてもらうことはなく妊活をするのでしたら、やはり1年ぐらいまでかなーと思います。なぜなら、すぐに妊娠にいたらかなった場合に、夫婦間で衝突が起きてしまうことも考えられます。

それに「1年ぐらいの妊活期間」といいましても、その間に5回以上は子作りの結果を待つこととなるわけですから、何も疲れなんかないというわけはないと思うのですよね。自然妊娠を目指すとはいえ、結果に期待するわけじゃないですか。そして妊娠へといたらなかったことがわかった際には、度合いの違いはあれど落胆だってすることでしょう。ですから「疲れ」が出るわけです。

この「排卵検査薬での陰性反応」を見ることによる疲れはたまっていきますからね。そして妊活における「疲れ」となって蓄積されていってしまうこともあるのです。それが夫婦間の衝突の原因になってしまったりするわけです。ですから産婦人科に行く前のまるっきり自分たちだけで行う妊活は1年ぐらいに留めておく方がいいかもしれませんね。そこからは妊活を行うのでしたら産婦人科の手も借りて行えば、グッと成功率は上がると考えられることでしょう。

不妊外来や産婦人科へ行き調べてもらえば、妊娠へと至らない理由も判明しますから、時間の無駄遣いをなくすことができて、そしてまた妊娠への成功率がぐっとあがると考えられることですから。

葉酸サプリとビタミン剤を併用していい?効果や安全性は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です