あごニキビは30代になってからの悩みのタネ

歳をとってからあごニキビができるようになってしまったのですよね。
まあ、「歳をとってから」という言い方には語弊があるかもしれませんから、訂正をしておきますと、要するに10代の思春期ニキビでなくなってからのことですよ。

30代に入ってからは、「ああ、そこってニキビができやすよね」というようなオーソドックスな場所にニキビができなくなりました。
ニキビができるオーソドックスな場所と言えば、おでこにほっぺに小鼻といったところでしょう。

しかし30代に入ってから、ニキビができる場所といえば、オーソドックスな場所ではなくて、あごニキビもそうですし、鼻の穴ですとか、眉毛の横のところですとか、「え?なんでこの場所にニキビができたん!?」というような変わった場所にニキビができてしまうのですよね。

しかもニキビが痛くなっています。
若い頃にできるニキビは数は多いのですけれど、しかし痛みは伴っていなかったように思います。
しかしオバハンになってからできるニキビといえば、大概痛みがあったりするのですよね。
あごニキビもそうですよ。

しかもあごニキビの場合は、白いニキビの芯まで見えていたりと、見た目的にもとくによろしくないニキビだったりするのですよね。
ですからあごニキビは悩みのタネですよ。

もう私も大人ですから、10代の頃のようにこねくり回したりはしませんが、しかし治るまではやっぱり事あるごとに気になってしまうのですよね。
ですから本当に、あごニキビはなんとかしたいと思っています。

ニキビ跡と化粧水の関係性~敏感肌編~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です