トレードの損切りについて考えてみた。

株式投資で損は小さく利益は大きくとらなければならないとよくいわれています。利益を伸ばすことは、上がっている株式をすぐに売ることなく保有し続けることだと思います。では、損を小さくするというのはどのようなことなのか少し考えてみたいと思います。

文字通り損を小さくするという行為は、株価が下がったのならばすぐに損切りするという行為にほかなりません。

しかし、この損切りするという行為は自己処罰的な行為なので、損切りをすることは自分のトレードの負けを認める行為であるのでどうしてもためらってしまいます。

言い換えれば、損失を抱えた時にすぐに損切りができないということは、本人に損失を受け入れる心の準備ができていないからだといえるのではないかと思うのです。

トレードをする前に考えたロジックでは、損失を想定してポジションを持つのですが、それが実際含み損を抱えてしまうと、その損失が自分の許容範囲をすでに逸脱してしまっている場合には、その損失を受け入れることができずに損切りがでなくなっているのではないかと私は思うのです。

つまり、損切りをするというのは、自分の損失の許容範囲内でポジションを閉じる行為なのではないかといななくもないのではないかと思うのです。

財布屋 白蛇財布 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です