フライフィッシング

私の趣味の釣りにフライフィッシングがあるが、皆さんご存知でしょうか。フライフィッシングとは簡単に言うと毛ばりを使って魚を釣ることです。先ず、毛ばり=フライは、日本では毛ばりを使った釣りテンカラ釣りがありますが、テンカラの毛ばりとは違いは毛ばりを巻く道具の違いや毛ばりに使う鳥の羽なども違うのです。また、テンカラとフライではテンカラが水面直下に対して、フライはドライフライ(水面に浮く)、ウエットフライ(水面下を流す)、ニンフフライ(水中を流す)など簡単に3種類がある。それに道糸を釣り針までの糸のことですが、それはラインと呼びます。そのラインの重さを利用してポイントへフライを投げるのです。投げるではなくそこまでフライを届けるのです。

そのラインには、ラインの重さによって#0~#15とあり、#0が軽いもので#15が重いのです。そのラインの重さによって、ロッドが#0~#15まで用意されている。#0~#4が源流・渓流・管理釣場、#4~#6渓流・湖・管理釣場、#6~#10本流・湖・管理釣場、#6~#10サーフ・ボート、#10~#15大型魚に分類される。

そのラインを巻くリールはラインを納めるのが役目である。魚とのやり取りは手でラインを引き魚を寄せるのです。フライフィッシングには色々と釣りとは呼び方などの違いがあります。もともと西洋の釣りなので違いはどうしてもあると思います。フライフィッシングで川を釣りをしていると楽しいものです。皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

事故車買取おすすめ

 

 

中学校時代

小学校でリトルリーグをしていた私は、中学校でも野球をするのだと思っていた。しかし、リトルリーグの最後の大会が中学校に入ってから行われる。その大会があるため中学校の野球部に入部してしまうとおかしなことになってしまう。そのため中学校に入学したころは部活へほとんどの人が入るため各部活動が新入学生に体験入部や仮入部などを盛んにやっていた。そんな中、私は野球部に入部できなく部活に入ってなかった。授業が終わると放課後は部活などを私も見学にいった。その時、遊び半分で卓球を体験することになり、卓球を初めて体験した。新鮮な気持ちになって夢中になってやっていた。もしかして野球じゃなくてもなんて気持ちになった私は仮入部までしてしまったのである。数日たって、自分の頭から野球がやりたいという気持ちになった。そのため、仮入部していた卓球を辞めた。

そして、リトルリーグの最後の大会が終わり、私を含めリトルリーグ組が中学の野球部に入部した。本当にこれで野球ができると思った。そして中学野球へと中学野球はボールが軟球を使用していた。今まで硬球を使っていたので、軟球はゴムボールであった。その軟球を打つと何とも柔らかい感じがした。また、守備では軟球の弾む打球に随分と悩まされた。

こうして中学野球が始まった。
車を高く売るコツ